FOLLOW US

カーディフ、今夏3回目の移籍金記録更新でチリ代表MFメデル獲得

プレミア初挑戦が決まったメデル [写真]=Getty Images

 カーディフは10日、セビージャからチリ代表MFガリー・メデルを獲得したと発表した。契約期間は4年で、移籍金はクラブ史上最高額と発表されている。

 マーキー・マッケイ監督は、クラブ公式HPを通じて、「ガリーを獲得でき、嬉しいね。屈強で知的なミッドフィルダーだ。スペインで2シーズン、レギュラーとしてプレーし、代表でも60試合、ワールドカップにも3試合出場している。彼の経験はチームにとても貴重なものになる」と期待を寄せている。

 現在26歳のメデルは、2011年1月にセビージャに加入。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し、6得点を記録している。

 カーディフは今夏、コペンハーゲンからデンマーク代表FWアンドレアス・コーネリウスを獲得した際と、トッテナムからイングランド代表DFスティーヴン・コーカーを獲得した際に、クラブ史上最高額の移籍金を支払ったことを発表しており、今夏3回目の最高額記録更新となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA