2013.08.11

リヴァプールのロジャーズ監督「スアレスは謝罪する必要がある」

ロジャーズ
スアレスに謝罪を要求するロジャーズ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのブレンダン・ロジャーズ監督は、記者会見に出席して、移籍問題を抱えるウルグアイ代表FWルイス・スアレスに言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えた。

 ロジャーズ監督はスアレスについて、以下のようにコメントした。

「最初に、チームメートとクラブに謝罪する必要があると思うね」

「長い間みてきたから、最近の彼が少しおかしいのはわかっている。けど、私は選手やファンを守らなければならない。スアレスを特別扱いするわけにはいかないんだ」

「彼はしっかりと個人でトレーニングしていた。トップチームからは外れたが、ハードワークしていたよ。スアレスがアーセナルに行かないことを確信している。私たちは残留してほしいと思っているからね」

「昨シーズン終盤の数試合、出場停止だった。それでもリヴァプールは得点を続けたし、スアレス抜きでも勝ち続けた。だからといって、スアレスが必要ないとは言わない。彼はワールドクラスのストライカーだ。リヴァプールに全力で取り組むなら、両手を広げて歓迎するよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る