2013.08.10

マンUファーディナンド「モイーズ監督の下で一致団結しないと」

ファーディナンド
感謝の気持ちを語るファーディナンド [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uは9日に、プレシーズンマッチでセビージャと対戦し、1-3で敗れた。

マンチェスター・Uの元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドは、自身の顕彰試合でもあったセビージャ戦後に、試合について以下のようにコメントした。クラブの公式HPが伝えた。

「今日の試合で勝てなくて申し訳ないと思っている。前半終了後から動きは良くなったけれど、チームも結果を残念に思っている」

「今日こうして試合を見に来る時間を作ってくれたファンの皆に感謝している。今日は友人、それに家族も駆けつけてくれた。チームをサポートしてくれているファンの皆と、自分のキャリアを祝えるなんて本当に凄いことだ」

「自分は子供の頃から勝者となって、トロフィーを勝ち取ることを夢見てきた。このチームで目標を達成できて嬉しい。このクラブで長年プレーできているのは名誉。去れと言われるまでプレーし続けるよ。大好きなクラブだし、僕もすっかりマンチェスターの人間になった」

「ファンの皆からのサポートは本当に必要なんだ。チームは監督も変わって、全員が(デイヴィッド)モイーズ監督の下で一致団結しないといけない」

 ファーディナンドは、2002年にマンチェスター・Uに加入して以来、リーグ戦で298試合に出場。昨シーズンはリーグ戦28試合に出場し、優勝に貢献した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る