2013.08.06

ドルトCEO、改めて香川復帰を歓迎「可能性あれば、間違いなく検討」

ヴァツケ
香川復帰をいつでも歓迎する意向を示したヴァツケCEO [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』のインタビューに応え、2012年夏まで2シーズン在籍し、昨シーズンからマンチェスター・Uでプレーするサッカー日本代表MF香川真司について言及した。

 ヴァツケ氏は、香川について問われると、「事実、シンジはクラブへの将来的な復帰は考えられると言っていた。我々にとっては嬉しいニュースだよ。シンジは素晴らしい選手で、クラブで大きな成功を収めた。可能性があるなら、我々は間違いなく検討することになるね」とコメントし、将来的な香川獲得の可能性を示した。

 香川は、7月20日に放送されたテレビ東京系のサッカー番組「FOOT×BRAIN」に出演した際、インタビューの中で、「あのチームにはいつか帰りたい。ドルトムントがOKだったら(笑)」とコメント。マンチェスター・Uでの活躍を誓いつつ、将来的な古巣復帰をうかがわせたことを受け、ヴァツケCEOは、7月のドイツ紙『ビルト』のインタビューの中で、即座の復帰を否定しつつ、「シンジのためのドアはいつでも開かれているよ」と、香川を歓迎する姿勢を示していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る