2013.08.05

モウリーニョが古巣レアルとの決勝を展望「勝利にはこだわらない」

「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」準決勝が4日に行われ、ミランとチェルシーが対戦。チェルシーが2-0で勝利を収め、決勝進出を決めた。決勝は7日に行われ、チェルシーはレアル・マドリードと対戦する。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、自身の古巣であるレアル・マドリードとの決勝を展望した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「私は新たなクラブ(チェルシー)へやって来た。レアル・マドリードと戦う可能性があると理解していたよ。彼らとの対戦は、我々にとって非常に良いことだ。特別な選手がいる、特別なチームと対戦する。決勝では勝利にはこだわらない。交代(選手)を多く使うだろう。勝利への強迫観念のない決勝だ。非常に良い経験となるだろう。楽しみにしているよ」

「我々は、最高のチームと対戦することを望んでいる。だから、今回は最高だ。アジアでのプレシーズンマッチは社会的観点から見て、クラブにとって有益だと思っていた。だが、ここでの試合は、公式戦に向けて、最高のコンディションをつくるために役立っている」

「我々はミランとインテルという2つのビッグクラブと対戦できた。そして、次はレアル(マドリード)だ。すばらしいことだよ。若手にとってはなおさらだね。我々と同等の規模を誇るクラブとの対戦だからね。レアルとの対戦は、起こり得る(ものの中で)最高の状況なんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る