2013.08.03

古巣インテル撃破のモウリーニョ「チームのリアクションに満足」

「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」が1日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとチェルシーが対戦。2-0でチェルシーが快勝した。長友はフル出場を果たした。

 試合後、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「(プレシーズンマッチ4戦全勝だが)勝ち点12を得ているわけではない。我々はまだ勝ち点0だ。我々が勝たなければならないのは、(プレミアリーグ開幕戦の)ハル・シティとの試合だ。しかし親善試合とはいえ、負けるよりは勝ったほうが良い。アジア(ツアー)で対戦したチームのレベルはそれほど高くなかった。その意味では、今日の試合が、トップレベルのチームと対戦する最初の試合だったと言える。チームのリアクションを見ることが重要だった。前半は両チームとも、良いプレーを見せていたね。立ち上がりに関してはインテルの方が良かったかもしれない。チームのリアクションに満足しているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る