2013.07.29

アーセナル10番、宮市の才能を評価「生まれながらのフットボーラー」

ウィルシャー
宮市に高い期待を寄せるウィルシャー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレシーズンのアジアツアーで来日し、22日に名古屋グランパス、26日に浦和レッズと対戦し、2連勝でJリーグクラブとの親善試合を終えたアーセナル。期間中にはファンミーティングを行うなど、サポーターとの交流も図っていたが、25日には埼玉スタジアムに隣接する第4グラウンドで、U-18の選手たちで構成されるNIKE FCの選抜メンバーとのトレーニングセッションを行い、若手の指導も行った。

 セッションには、アルセーヌ・ヴェンゲル監督、サッカー日本代表FW宮市亮、イングランド代表MFジャック・ウィルシャー、同FWアレックス・チェンバレンが参加した。

 ウィルシャーはセッション終了後、以下のようにコメントしている。

―NIKE FCについては?
「若くてとてもいい選手が沢山いたね」

「子供の頃は戦術的なポゼッション練習、攻守の切り替えなんかも練習した。でも一番大事なのは楽しむことだよ。プレーする喜びはとても大切なんだ。僕が学校にいた時もプレーするチャンスがあればいつでもそうしたよ」

「アーセナルのシャツを着てプレーするのは、誇らしいよ。小さい頃からプレーしているしね。ファーストチームのシャツを着てプレーするのは夢だったんだ」

「監督からは多くを学んだ。特に若手を育成する手腕に定評があるしね。セスク(ファブレガス)やセオ(ウォルコット)たちを15、6才の頃からチームに少しづつ溶けこませている。セスクは移籍してしまったけれど、セオは今トップチームで活躍しているよね。そういった環境に若い頃からいられたのは僕の成長のためにもとても良かった」

「プレミアリーグを勝つのはタフな戦いだ。シーズンは長い。プレミアリーグだけではなく、3つの違うカップ戦もある。選手層が厚くなければならないし、ローテーションもしなければならないし、我慢強くならなきゃならない。厳しい試合も、ビッグマッチも、アウェーでの対戦もできる限り多くのポイントを稼がなければいけないんだ」

「アーセナルのプレースタイルは僕に合うんだ。パスを出して、動いて、時にはドリブルを仕掛ける」

「リョウ(宮市)にとって今年はいい年になるんじゃないかな?レンタルも経験していたしね。フィジカル面も強くなって、プレミアリーグのことももっと学んだはずだ。エキサイティングな選手だと思う。相手をドリブルで抜いていくことが好きだしね。ファンも彼のプレーを見るのは楽しいはずだよ。けがをしなければ、シーズンを共に送ることもできるんじゃないかな」

「名古屋と対戦した後の感想としては、他のプレシーズンで戦った相手よりもレベルが高いものだった。日本人は技術的にも運動能力も高い。僕らは良いプレーをしたと思うけれど、日本のチームとの戦いは厳しいものになる」

「リョウはエキサイティングなプレーヤーだ。ファンも彼のことが好きだし、素早くてテクニックもあって、今は体も強くなってきている。厳しいけがから戻ってきて、精神的にも強くなった。約束された将来があるだろう」

「リョウは生まれながらのフットボーラーだ。自然に中でも外でもプレーできるし、ボールを持ってもナチュラルなプレーができる。練習でも難しいトレーニングにスムーズに入っていけるし、天性の才能だと思う。決定力も高いしね。セオも同じようにスピードのある選手だけど、今シーズンはセオのプレーから学ぶこともできるだろう。リョウは今、とてもスピーディーに成長していると思う」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る