FOLLOW US

バルセロナの副会長、新監督共にセスクの残留を明言

マンチェスター・U移籍が噂されるセスク [写真]=Getty Images

 バルセロナ所属のスペイン代表MFセスク・ファブレガスについて、副会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏と、23日に就任したヘラルド・マルティーノ新監督が残留を明言した。イギリスメディア「BBC」が26日に報じた。

 バルトメウ氏はマンチェスター・Uからセスクへのオファーについて、「ユナイテッドがセスクに興味を示しているのは明らかだ。彼は素晴らしい選手だからね。ただ彼らが私たちにオファーしてきても関係ない。売ることはないからだ」とコメント。

 また、マルティーノ新監督は就任会見にて「クラブの財布事情には関わらないだろう。けど、クラブが2度のオファーを既に拒絶しているのを考えれば、3度目も拒否するんじゃないかな。要は、セスクは残留するよ」と、セスク残留を明言した。

 最後にバルトメウ氏は「高額オファーがきたら受け入れるかって? 答えはノーだ」と付け加えた。

 セスクは2012-2013シーズン、リーグ戦32試合に出場し、11ゴール11アシストを記録して優勝に貢献した。そして、マンチェスター・Uが今夏のセスク獲得を目指していて、既に2度オファーを出したと報じられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO