FOLLOW US

リンガード「シンジがPKを外した時『オーマイゴッド』と思った」

マンチェスター・Uのリンガード (C)ManUtd.jp

 プレシーズンマッチが26日に行われ、セレッソ大阪とサッカー日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uが対戦。杉本健勇のゴールでC大阪が先制した試合は、54分に香川が古巣相手に凱旋ゴールを決める。その後、18歳の南野拓実のファインゴールでC大阪が再びリードを奪い、そのまま試合終了かと思われたロスタイムにウィルフレッド・ザハの劇的同点弾が決まり、2-2のドローでタイムアップとなった。

 後半途中から出場したマンチェスター・Uのイングランド人MFジェシー・リンガードは、以下のように試合を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

リンガードは試合の雰囲気について、「最高だった」とコメント。「湿気が高かったけど、良い雰囲気の中でプレーできて楽しかった」と語るとともに、香川の人気について驚いた様子を明かした。

「シンジのファンの多さにはびっくりしたよ。シンジがかつて所属したチームと対戦できて良かった。しかも、シンジはゴールもきちんと決めた。PKを外した時に僕はベンチにいたけど、『オーマイゴッド』と思ったよ(笑)。でも、その後ゴールしたから本当に良かった」

 マンチェスター・Uは、29日に香港でプレシーズンマッチを戦う。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO