FOLLOW US

C大阪と対戦したマンU「日本がシンジを愛しているのが伝わった」

マンチェスター・Uのビュットネル [写真]=齊藤友也

 プレシーズンマッチが26日に行われ、セレッソ大阪とサッカー日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uが対戦。杉本健勇のゴールでC大阪が先 制した試合は、54分に香川が古巣相手に凱旋ゴールを決める。その後、18歳の南野拓実のファインゴールでC大阪が再びリードを奪い、そのまま試合終了か と思われたロスタイムにウィルフレッド・ザハの劇的同点弾が決まり、2-2のドローでタイムアップとなった。

 試合後、マンチェスター・Uのオランダ人DFアレクサンデル・ビュットネルは以下のようにコメントした。

 ビュットネルは、「難しい試合だった。理由はセレッソがシーズン中で、僕らがシーズン前だと言うのが一つ。それと気候的にも苦しかった」とコメントする一方、「ただ、セレッソは本当にいいチームだった。プレースピードが速かったし、クリエイティブなサッカーを展開していた」と述べた。

 続けて、古巣との対戦となった香川についても言及。「それと今日の試合では、日本のみんながシンジを愛しているのが伝わったよ」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO