FOLLOW US

日本の進歩を評価したアーセナルFWポドルスキ「レベルは高くなった」

浦和戦で先制点を挙げたポドルスキ [写真]=Getty Images

 プレシーズンマッチが26日に行われ、浦和レッズとサッカー日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルが対戦。後半にスコアが動いた試合は、互いに1得点ずつを挙げて迎えた82分に、チェバ・アクポムのゴールで勝ち越したアーセナルが、2-1で勝利した。

 試合後、後半開始時から出場し、先制点を決めたドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、「日本のサッカーのレベルは高くなっていると思います。欧州でプレーしている選手もたくさんいますし、今日も4、5人の代表級の選手がいたと思います。日本は成長しているし、多くの若手選手がいますよね」と振り返り、日本サッカーの進歩を評価している。

 また、3-1で勝利した22日の名古屋グランパス戦に続き、2連勝で日本でのプレシーズンマッチを終えたが、「ここには以前、バイエルンの一員として来たので、スタジアムやファンの素晴らしさはわかっていました。名古屋でも雰囲気はよくて、日本はいいリーグだと思います」と2試合を通じて、いい印象を感じているとコメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO