2013.07.23

香川の復帰発言受け、ドルトCEO「ドアはいつでも開かれている」

ヴァツケ
香川の将来的なドルトムント復帰を歓迎したヴァツケCEO [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOが、ドイツ紙『ビルト』のインタビューに応え、マンチェスター・Uに所属するサッカー日本代表MF香川真司のドルトムント復帰の可能性についてコメントした。

 香川は、7月20日に放送されたテレビ東京系のサッカー番組「FOOT×BRAIN」に出演した際、インタビューの中で、「あのチームにはいつか帰りたい。ドルトムントがOKだったら(笑)」とコメント。マンチェスター・Uでの活躍を誓いつつ、将来的な古巣復帰をうかがわせた。

 香川のコメントはドイツでも話題となっており、ヴァツケCEOは香川の発言を受け、「シンジのためのドアはいつでも開かれているよ」と歓迎する一方、「今はその対象ではないけどね」と即座の獲得は否定した。『ビルト』は、ドルトムントが中盤の人材を豊富に抱えていることから緊急の必要性はないとしながらも、香川の市場価値は2000万ユーロ(約26億円)のため、十分獲得も可能だと伝えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング