2013.07.21

香川がテレビ番組でユナイテッド2年目の決意を告白「大事な1年になる」

香川真司
テレビ東京『FOOTxBRAIN』で2年目の決意を明かした香川真司 [写真]=Getty Images

 7月20日に放送されたテレビ東京系のサッカー番組「FOOTxBRAIN」では、「世界に学べ!(1)あす来日マンチェスターU大特集!」をテーマに放送。100年を越える歴史を持ち、世界にいるファンの数は約6億5000万人、総資産額3300億円と言われる世界有数のビッグクラブの歴史と強さの秘密に迫った。

 7月20日に放送されたテレビ東京系のサッカー番組「FOOTxBRAIN」では、「世界に学べ!(1)あす来日マンチェスターU大特集!」をテーマに放送。100年を越える歴史を持ち、世界にいるファンの数は約6億5000万人、総資産額3300億円と言われる世界有数のビッグクラブの歴史と強さの秘密に迫った。

 番組内では24年前にマンチェスター・Uが、来日した時の貴重な映像を公開。1989年に明治神宮野球場で行われた国際親善試合、日本代表vsマンチェスター・Uの当時の映像が流された。ゲスト解説の都並敏史氏は「昔はよく野球場で試合をしていた」とコメント。Jリーグ開幕以前のオールスターは、野球場で行われたこともあったと当時を懐かしむように明かした。

 番組ではマンチェスター・Uの一員として、7月26日にセレッソ大阪と親善試合を行う香川真司に、番組MCの勝村政信さんがインタビューを実施。マンチェスター・Uでの1シーズン目については、「プレーは納得していない」と振り返り、「長い歴史のあるクラブで、20回目の優勝、ファーガソン監督の最後にチームに入れたことは良かった」と振り返った。

 古巣ドルトムントのヨーロッパでの躍進については、「ドルトムントがチャンピオンズリーグ決勝に進出したのを見て、改めて、あの舞台で活躍したいと思った」と話した。勝村さんが「クロップ監督がシンジが居たら結果が違ったかもしれない」というエピソードを伝えると、「あのチームにはいつか帰りたい。ドルトムントがOKだったら(笑)」と古巣への思いを明かした。

 マンチェスター・Uでの2シーズン目について、「自分の持っているモノをアピールするだけ。言い訳はできない。1年間プレミアでやっていますし、結果を残さないと、出場できない場所であると思いますし、来年にはW杯もありまし、大事な年になると思います」と決意を口にした。

 香川が出場予定のセレッソ大阪vsマンチェスター・Uは、7月26日(金)18:30からテレビ東京で独占生中継される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る