FOLLOW US

チェルシー復帰のFWルカク「ファーストタッチに集中している」

チェルシーFWルカクが自身のプレーについて語った [写真]=Getty Images

 チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクが、自身のプレーについて語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。ルカクは2012-2013シーズン、ウェスト・ブロムウィッチにレンタル移籍。プレミアリーグで35試合に出場し、17得点を記録した。

「ボールタッチは重要だね。スペースの使い方や作り方も理解できるようになった。イングランドに来たばかりの頃は、ゴールに背を向けてプレーすることを嫌っていたんだ。イングランドのディフェンダーは当たりに来るから、僕はそれをかわしてスピードで抜き去る。そんなプレーが好きだった。だから今までは、スペースを探して、後方から来るボールを求めていたよ」

「でも今は、ゴールに背を向けてプレーすることを学んだ。ボールを収めるために、相手のディフェンダーがどの位置にいるかを確認している。ボールを収めるためにはファーストタッチが大事なんだ。今はそれに集中している。上手くトラップをしなければいけない。動きながらもボールタッチを考える。そして、僕自身がスペースを作り出す動きをするんだ」

「スペースの使い方は上達したと思う。僕が決めたゴールを見てみてほしい。ゴール前に入ってきたクロスボールを、ニアサイドで合わせる場面が多いんだ。今の僕は、できるプレーが増えた。もう少し技術面で進歩しなければいけないけれどね。以前よりは確実に良くなっているよ。もっと成長できれば、幸せな時間を過ごすことができると思っている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA