2013.07.17

選手兼コーチを務めるマンUのギグス「自分の役割を楽しめている」

ギグス
マンチェスター・Uの生え抜き選手であるギグス (C)ManUtd.jp

 マンチェスター・Uに所属するサッカー元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが、2013-2014シーズンから務める選手兼コーチの役割について、自身の考えを明かした。クラブの公式HPが伝えている。

 ギグスは新たな挑戦について、「今のところ順調だね。自分としても指導者としての役割に興奮しているよ」とコメント。「まだ現役選手で、最適なバランスを見つける必要がある。それでも、今は自分の役割を楽しめている」と語り、コーチとしての役割に関して続けた。

「監督は指導が好きみたいで、ジム・ラムズデン、スティーヴ・ラウンド、それにフィル・ネヴィルといったコーチもいるから、今のところコーチの役割には重点は置いていないよ。後ろからチームがどう機能しているかを見ているところだね」

「今までとは全く観点が違う。20年間、現役を続けているけれど、試合に向けた準備を含めて、全く違う部分を見ているよ。選手としては経験したことがないからね。分かっていた面も知らない面もある。本当に学んでいる最中だね」

 現在39歳のギグスは、マンチェスター・Uの下部組織加入以来、同クラブ一筋でプレー。2012-2013シーズンまで、23シーズン連続ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る