2013.07.13

マンCのDFサバレタ「セリエAは素晴らしいリーグ」

サバレタ
「いつかセリエAでプレーしてみたい」と語ったサバレタ [写真]=The FA via Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、イタリアでのプレー願望を抱いていることを明かした。『スカイスポーツ』が伝えている。

 2008年にマンチェスター・Cに加入して以降、コンスタントに出場機会を得ているサバレタだが、セリエAでのプレーに興味を抱いていると語った。

「セリエAは素晴らしいリーグで、いつかプレーしてみたいと思っている」

「どのチームかって? ユヴェントスやインテル、ミランは主要クラブだと思う。でも、フィオレンティーナはとても興味深いチームさ。理由はわからないけど、(元アルゼンチン代表FWガブリエル・)バティストゥータがプレーして以来、常に好んでいるんだ」

 サバレタはサン・ロレンソの下部組織出身で、2002年にトップチームデビュー。2005年にエスパニョールへ移籍し、同クラブで3年間プレーした後、マンチェスター・Cに加入した。昨シーズンはリーグ戦30試合に出場し、2得点を記録。PFA(イングランドサッカー選手協会)の年間ベストイレブンに選出されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る