FOLLOW US

吉田、李所属のサウサンプトンがケニア代表MFワニアマを獲得

サウサンプトン加入が決まったワニアマ [写真]=Getty Images

 日本代表DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンは11日、セルティックからケニア代表MFヴィクター・ワニアマを獲得したと発表した。契約期間は4年で移籍金は明らかになっていない。

 サウサンプトン加入に際しワニアマは、クラブ公式HPを通じて、「すごくいい気分だし、ここにいられて幸せだよ。やっと交渉が終わり、とても嬉しい。他にもオプションはあったけど、サウサンプトンが野心的なクラブだったから、ここを選んだんだ。いいクラブでいい選手たちもいるし、ハードワークしてスタメンを目指したい。すごく感謝しているし、プレミアリーグでプレーするのが楽しみだよ」と意欲を語っている。

 現在22歳のワニアマは、2011年夏にベルギーのベールショットからセルティックに移籍。スコティッシュ・プレミアリーグの連覇などに大きく貢献した。パルマやインテルなどでプレーしているケニア代表MFマクドナルド・マリガが実兄にいる。

 サウサンプトンは今夏、リヨンからクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンを獲得しており、2人目の補強となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO