2013.07.08

マンチーニ氏「マンCはヨーロッパトップクラブのレベルではない」

古巣マンCに対し「ヨーロッパのトップクラブのレベルではない」とコメントしたマンチーニ氏

 昨シーズンまでマンチェスター・Cを率いていたロベルト・マンチーニ監督は、古巣がヨーロッパのトップクラブのレベルには到達できていないとの見解を示している。『ESPN』が報じている。

「マンチェスター・Cはユヴェントスと状況が似ている。彼らは成長しているが、まだヨーロッパのトップクラブのレベルではない。チャンピオンズリーグを制するためには、経験と充実したスカッドが必要になるんだ。チャンピオンズリーグは試合数が多い訳ではないから、その2つを欠いてしまえば、タイトルを獲得することはできない」

「そしてマンチェスター・Cはカルロル・テベス(アルゼンチン代表FW)とマリオ・バロテッリ(イタリア代表FW)という2人の大事な選手を失ってしまった」

 また、マンチーニ氏は昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝がドルトムントとバイエルンのドイツ勢同士の対決となったことで、ヨーロッパのサッカーシーンをドイツが席巻するという考えに否定的な意見を述べている。

「私はドイツがヨーロッパのサッカー界を支配するという意見には賛成できない。彼らはウィンターブレイクという恩恵を受けている。その間にイングランドのクラブは試合をこなし、フィジカル的な強さを失ってしまう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る