FOLLOW US

ファン・ヒンケルがチェルシー移籍で抱負「プレミアでも通用する」

MFファン・ヒンケル(右)がチェルシーでの抱負を語った [写真]=VI-Images via Getty Images

 フィテッセからチェルシーへの移籍が決まったオランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケルが、新天地での抱負をコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 新シーズンの目標を問われたファン・ヒンケルは、「まずは学んでいきたいと思っている。成長したい。ベンチに座っているだけではなくて、試合に出場すること。すばらしいスタジアムでプレーしたいんだ。チームのために重要な働きができればいいね」とコメント。プレシーズンについては、「とても楽しみだ。怖くはないけど、ナーバスにはなるかもしれないね。(フランク)ランパードや(ジョン)テリーとプレーするのは、とんでもないことだ。プレミアリーグはとても良いリーグ。経験を積んで、楽しみながらプレーしたい」と語った。

 また、ファン・ヒンケルは、1年後に控えたブラジル・ワールドカップを展望。「皆、ブラジルに行きたいと思っている。(そのためにはチェルシーで)レギュラーでプレーしなければならないね。(オランダ代表のルイス)ファン・ハール(監督)が言っているから。僕は、オランダよりレベルが高いプレミアリーグでも通用すると思っている。もちろん、フィジカル的にも技術的にも学ぶことがあるよ。だからこのクラブに来たんだ」と話している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO