2013.07.05

元マンC監督マンチーニ氏「今でもなぜ解任されたか理解できない」

昨シーズン途中で解任されたマンチーニ監督

 昨シーズン、シーズン終了まで2試合を残して、マンチェスター・Cの監督職を解任されたロベルト・マンチーニ氏が、自身の解任について「今でも理解することができない」とコメントしている。イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 マンチーニ氏は2009年の12月からマンチェスター・Cを率い、2011-2012シーズンにはチームを44年ぶりとなるプレミアリーグ制覇に導いた。しかし、昨シーズンはライバルのマンチェスター・Uに独走優勝を許し、期待されたチャンピオンズリーグもグループリーグで早々と姿を消してしまった。

 これらの結果を受け、シーズン途中で監督職を解任されたマンチーニ氏だが、同氏は自身にもう少し時間が与えられるべきだったと感じているようだ。

「2カ月たった今でも、なぜ私が解任されたのか理解することができない。まだ、ショックから回復できていないことは認める。私は、自分がマンチェスター・Cにもたらしたものが、もっとリスペクトされて当然だと思うんだ」

「この2年半で私と私のスタッフは素晴らしい仕事をしたと信じている。クラブは40年以上もリーグタイトルから遠ざかっていたのだからね」

「オーナーは私に『3年の内にタイトルが欲しい』と言ったんだ。そして私は2年目でリーグタイトルを獲得した。トップレベルのフットボールをしていなかったこのクラブを再建したんだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る