2013.07.02

マンU、モイーズ体制の新コーチ陣を発表

モイーズ
モイーズ監督(中央)とマンU新コーチとなったラウンド氏(左)、ラムズデン氏(右) (C)ManUtd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは1日、新たなコーチ陣の就任を発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 アレックス・ファーガソン監督の勇退に合わせ、マイク・フェラン氏、レネ・メウレンステーン氏、エリック・スティール氏のコーチ陣がそろって退団したマンチェスター・U。後任には、デイヴィッド・モイーズ新監督とともに仕事をした経験のある3名が就任した。

 アシスタントマネージャーには2008年7月からエヴァートンでモイーズ監督のアシスタントを務めたスティーヴ・ラウンド氏、GKコーチは1998年からエヴァートンのGKコーチを務めたクリス・ウッズ氏、モイーズ監督がプレストン・ノースエンド指揮官時代からアシスタントを務めているジミー・ラムズデン氏がコーチに就任した。

 モイーズ監督は、「スティーヴ、クリス、ジミーとは長年、ともに仕事をしてきた。偉大なクラブで私と仕事をすることを選択してくれてとても嬉しい。彼らはそれぞれの分野で素晴らしい仕事をしてくれる。それに私と同様にユナイテッドでの挑戦を楽しみにしている。全幅の信頼を寄せる彼らとなら、何年にも渡って築いてきたクラブの成功を継続させられると信じている」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る