2013.06.15

移籍の噂が絶えないスアレス「今は完全にウルグアイ代表に集中」

スアレス
今はウルグアイ代表に集中していると主張するスアレス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードへの移籍が噂されるリヴァプール所属のウルグアイ代表FW ルイス・スアレスが、15日に開幕するコンフェデレーションズカップに集中していることを強調した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 スアレスは、「僕はウルグアイ代表の選手としてコンフェデ杯に来たんだ。移籍マーケットについて考えるためではないよ。目標はタイトルを手にする事、それだけさ」と、コンフェデ杯を移籍へのアピールの場にはしないとコメント。ウルグアイは、日曜日にスペイン代表と対戦するが、「僕たちは、スペイン戦を決勝戦のつもりで臨むよ。僕数合わせのためにきたわけではないからね。勝つためにきたんだ」と、意気込みを語った。

 また、スアレスは、4月21日に行われたプレミアリーグ第34節チェルシー戦の65分に、チェルシーのセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチの腕に噛みついたため、10試合の出場停止を受けたことを振り返り、「僕は悪い事した。けど、自分の間違いを自覚しているし、謝罪もしたよ。ただ、僕は1つの出来事だけじゃなくて、試合でのパフォーマンスも評価してほしいね」と、自分の非を認めつつ、試合における自身のプレーを見てほしいと本音も明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る