2013.06.15

マンチェスター・Uのモイーズ新監督、移籍資金は約90億円

モイーズ
来季からマンUの指揮を執るデイヴィッド・モイーズ監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ新監督が来シーズンに向けて、移籍マーケット用の資金に6000万ポンド(約90億円)もの額を投じる事が可能と、イギリス紙『デイリーテレグラフ』が14日報じた。

 モイーズ監督は、11年にもおよんだエヴァートンでの指揮に終止符を打ち、今夏からマンチェスター・Uの新監督を務めることが決まった。同監督は、今夏に少なくとも3人の選手と契約するだろうと伝えられている。国内の候補としては、古巣のエヴァートンに所属するイングランド代表DFレイトン・ベインズとベルギー代表MFマルアヌ・フェライニが挙げられている。

 また、国外の候補として、バルセロナのスペイン代表MFセスク・ファブレガス、チアゴ・アルカンタラ、ドルトムントのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ等が候補とされる。

 マンチェスター・Uへの復帰の可能性が噂されたレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに関しては、動向は追うが、獲得には動かないだろうと同紙は報じている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る