2013.06.15

英大手ブックメーカー、ルーニーの移籍先はアーセナルが1番人気

ルーニー
移籍が噂されるウェイン・ルーニー [写真]=Getty Images

 イギリス大手ブックメーカー『スカイベット』は、今夏に日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのエースでありイングランド代表FWウェイン・ルーニーが移籍する可能性は高いとし、その1番手の候補先はアーセナルと予測している。

 マンチェスター・Uの監督を退任したアレックス・ファーガソン氏が、5月12日に行われたプレミアリーグ第37節のスウォンジー戦後、ルーニーが移籍を志願してきたと発言。その結果、ルーニー移籍の可能性が報じられている。

『スカイベット』は、「ルーニーは移籍する」に対するオッズを1.7倍、「ルーニーは残留する」に対するオッズを2.0倍とつけ、移籍する可能性は高いと予測。またその移籍先は、アーセナルが1番手で3.25倍、次いでチェルシーが3.75倍で国内での移籍が濃厚だとしている。また国外のクラブだと、パリSGが7倍、バイエルンが12倍で移籍候補の3番手、4番手という結果となっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る