FOLLOW US

今季でCEO退任のギル氏、マンUの伝統について語る

クラブの伝統について言及したギル氏 [写真]=Man Utd via Getty Images

 今シーズン限りでマンチェスター・UのCEO(最高経営責任者)を退任するデイヴィッド・ギル氏が、イングランド代表FWウィルフレッド・ザハの加入に言及するとともに、クラブの伝統についてコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

 ギル氏は、1月にマンチェスター・Uへの加入が決まったザハについて、「ザハにとっては学ぶことが多いだろうし、それは彼もわかっているはずだ。でも、彼はエキサイティングなプレーヤーになれると信じているよ」とコメント。続けて、「彼は他の選手にはないものを持っている。相手を翻弄できるし、中盤でも、ワイドなポジションでもプレーができる。チームにとって良い補強となった」とし、ザハを高く評価していることを明かした。

 ギル氏はまた、ザハの獲得により、クラブの伝統の継承を示せたとコメントした。

「最近のイングランドのチームの中で、我々は主力に多くのイングランド人選手を起用している。これこそがマンチェスター・Uの基本方針だ。それはマット・バスビーの時代から変わることがなく、アレックス(ファーガソン)の時代でも育まれてきたんだ。英国、イングランド出身選手に、外国人選手を加えた構成を継承する。これがクラブの伝統さ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO