2013.05.26

リヴァプールDFシュクルテル、退団の可能性を示唆

シュクルテル
リヴァプール退団の可能性があることを明かしたシュクルテル [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するスロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルが、母国紙『Dennik Sport』のインタビューに応え、自身の去就に触れた。

 リヴァプールは、今夏にセンターバックの補強を検討していると見られ、シュクルテルのポジションも不確かなものとなっている。シュクルテルは、「僕は明確なオファーは受け取っていない。でも、もし僕に関心を示しているところがあるなら、真剣に検討することになると思うよ」と、他クラブへの移籍の可能性があることを明かした。

 28歳のシュクルテルは、2008年1月にゼニト・サンクトペテルブルクからリヴァプールに加入。今シーズンはリーグ戦25試合に出場し、2得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る