2013.05.22

選手を称えるヴェンゲル「卓越した姿勢と決意が報われた」

ヴェンゲル監督が今季を振り返り、選手たちを称賛した [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 19日に行われたプレミアリーグ最終節で、アーセナルはアウェーでニューカッスルと対戦し、1-0で勝利。リーグ4位を確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ予選出場権を獲得した。

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、ニューカッスル戦と今シーズンを振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「試合前から勝たなければならないことはわかっていた。他試合の結果次第ではチャンピオンズリーグ出場圏内から落ちてしまうことも承知していた。選手たちの卓越した姿勢と決意が報われたことにとても満足している。3月にトッテナムに(勝ち点)7ポイント差をつけられた時から、彼らはずっと信じ続けてきたんだ。彼らはもはや失敗する余地がないことを理解し、諦めるようなサインを示すことも全くなかった」

「私はこれまで多くのスカッドを率いてきたが、今年のチームは明らかに傑出している。彼らはクオリティだけでなく、すばらしい姿勢も示してきたんだ。私は常に、彼らの態度やトレーニングで集中する姿を称賛してきた。しかし、それだけ自分たちに尽くしていながらも、多くの嵐に見舞われることがある。何度か大きくつまづいたこともあった。それでも、選手たちがバラバラになるようなことは全くなかったはずだ。今の時代にそれは決して簡単ではない」

「この最後の3カ月、我々(の姿勢)は非常に一貫していたと思っている。我々は全てのアウェーゲームに勝った。これは来シーズンへの良い弾みになるし、この信念を来シーズンへ繋げていけるはずだ。つまり、我々に必要なのは安定感なんだ。可能であれば、その部分の補強を進めていく。資金力を持つクラブがたくさんあるだけに、競争は非常にハードだ。今のサッカー界には、そのお金と同じだけの才能が溢れてるわけではないからね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る