2013.05.20

今季を振り返るチェルシー指揮官「優秀なチームを残すことになる」

ベニテス監督が今シーズンを振り返った [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ最終節が19日に行われ、3位のチェルシーはホームでエヴァートンと対戦。チェルシーが2-1で勝利を収め、リーグ3位を確定。来シーズンのチャンピオンズリーグ本戦出場権を獲得した。

 試合後、チェルシーのラファエル・ベニテス監督が今シーズンを振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「選手層が厚いわけではない中で(公式戦)69試合をこなしたということは、メディカル部門やフィットネスコーチ、コーチたちがすばらしい仕事をやったということを意味する。また選手たちは、自分たちのことをしっかりとケアした。それは大切なことだ。このチームは、様々なトロフィーに挑戦するトップチームだ。1週間に2試合戦い、休む時間は多くはなかった」

「スタッフと選手たちの関係はとても良かった。それを毎週感じることができた。ハーフタイムに変化を加えたり、自分たちのスタイルを見せて試合で勝利を手にすることによって、一体感が生まれた。そのことで、我々はより一層、団結することができた」

「(チェルシーでの指揮は)すばらしい経験だった。若手選手が多い移行期間のチームを引き継いだ。そして我々は、経験を積んで、優れた気質やバランスを備える優秀なチームを残すことになる。それは、次の監督が良いチームを持つことを意味するのだから、良いことだろうね。オーナーは何人か、新たな選手を加入させると思う。だから、このチームは来シーズンにタイトルに挑戦することになる」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る