2013.05.15

マンUの次期指揮官「イギリス人の若手選手を育てていきたい」

モイーズ
来シーズンからマンチェスター・Uを指揮するモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 来シーズンからマンチェスター・Uの指揮を執るデイヴィッド・モイーズ監督が、指揮官就任後の指導方針を語った。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 モイーズ監督は、「ユナイテッドは若手を大事に扱い、私も常々若手の育成を重視してきた」と語り、「正しいやり方だと思うよ。我々は優れたイギリス人選手を育てる必要があり、その方法を模索している段階。個人的にはイギリス人の若手選手を育てていきたいと思う」と、自身の指導方針を明かした。

 一方で、「しかし、問題もある。彼らのトップレベルでの出場をどのように増やすかという問題だね。例えば、スペインではBチームが下部リーグで試合を行なっている」と語り、イングランドにおける問題点も指摘した。

「3年前、私はエヴァートンで若手主体のチームをフットボールカンファレンス(5、6部相当)に参加させようとした。実戦レベルとして適当だと思ったからね。しかし、サッカー協会には一番下から始めろと言われたよ。それを受け入れたらディヴィジョン27になってしまう」

 モイーズ監督は現在、エヴァートンを指揮。マンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督が今シーズン限りで勇退することから、後任になることが決まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る