2013.05.15

宮市所属のウィガンが降格決定…アーセナルは最終節勝利でCL出場

降格の決まったウィガン [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第37節が14日に行われ、5位のアーセナルと日本代表FW宮市亮の所属する18位のウィガンが対戦。宮市は負傷もあり、ベンチ外だった。

 チャンピオンズリーグ出場権がかかるアーセナルと残留争いの渦中にいるウィガンの一戦は、ホームのアーセナルが11分に先制点を奪う。サンティ・カソルラの左CKから、ゴール前でルーカス・ポドルスキがフリーでヘディングシュートを叩き込んだ。

 均衡が破れた後もアーセナルが攻勢をかけたが、ウィガンも徐々に盛り返しを見せると、前半ロスタイムにゴール正面でFKを獲得。ショーン・マローニーが直接狙うと、シュートは壁を越えて鮮やかにアーセナルゴールを破り、試合を振り出しに戻した。

 1-1の同点で迎えた後半は、互いに勝ち越しを狙い攻め合うと、63分にスコアが動く。アーセナルのカソルラが右サイドを抜け出してグラウンダーのクロスを入れると、ゴール前に走り込んだセオ・ウォルコットが合わせて、ゴールネットを揺らした。

 アーセナルは再びリードを奪うと、68分に相手のクリアボールに対してカソルラがヘディングでゴール前にパスを送り、ディフェンスラインを抜け出したポドルスキがシュートを沈めて3点目を奪取。71分にも、左サイドを抜け出したアーロン・ラムジーがゴール前までボールを運び、豪快に右足でシュートを蹴り込んだ。

 3点差となった試合は、4-1のままアーセナルが快勝。勝ち点を70まで伸ばし、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上。最終節で勝利すれば、チャンピオンズリーグ本戦出場をかけたプレーオフ出場が決まる。一方、敗れたウィガンは、勝ち点35のままで残留圏の17位とは勝ち点4差となり、最終節を残してチャンピオンシップ(2部相当)への降格が決まった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る