2013.05.13

勇退について語るマンU指揮官「勝者として去りたかった」

ファーガソン
勇退を決意した理由を語ったファーガソン監督 (C)ManUtd.jp

 12日に行われたプレミアリーグ第37節で、マンチェスター・Uとスウォンジーが対戦した。試合は、マンチェスター・Uが2-1で勝利し、今シーズンのホーム最終戦を白星で飾っている。

 マンチェスター・Uを率いるアレックス・ファーガソン監督は、試合後のインタビューに応じ、勇退を決意した理由を以下のように語った。クラブ公式HPが伝えている。

「辞める日がいつか来ることはわかっていた。私が望んでいたように、勝者として去ることができるのは幸運だよ」

「昨年のクリスマスに勇退することを決めた。勇退は妻であるキャシーのためだ。彼女は昨年10月に姉を亡くし、辛い時期を過ごしていたんだ。それでも家庭を支え、私のために犠牲となってくれていたよ」

「勝者として去ることは非常に重要なことだった。クリスマスの段階では、2位に勝ち点5の差をつけて首位に立っていた。調子を維持できればいいと願っていたよ。結果的にはさらに勢いをつけ、勝利することができた」

 マンチェスター・Uは、来シーズンからデイヴィッド・モイーズ氏が指揮を執ることが決まっている。ファーガソン監督は、「正しい人選を行ったか」という質問に対し、以下のようにコメントした。

「もちろんだ。しっかり考えた上での結果だよ。彼は誠実で道徳もある。スコットランド人だしね(笑)。ユナイテッドにはマット・バスビー、そして私と、優れたスコットランド人監督がいる。モイーズ監督も私たちと同じように支持されることを祈っているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る