2013.05.10

トッテナムがビジャ獲得に10億円用意か…バルサは17億円を要求

トッテナムが獲得に動いていると報じられたバルサFWビジャ [写真]=Getty Images

 イギリス紙『デイリーミラー』は9日、トッテナムがバルセロナ所属のスペイン代表FWダビド・ビジャの獲得に動いていると報じた。

 同紙は、トッテナムが今夏の移籍市場でストライカーの補強を目指しており、ビジャの獲得を構想していると伝えた。ビジャは、来年のブラジル・ワールドカップでスペイン代表入りを確実にしたいとの意向から、常時先発で出場できるクラブへの移籍を希望。今年1月には移籍を拒んだバルセロナも、ビジャがワールドカップメンバー入りに近づくのであれば、今夏の退団を容認する方針だと報じられている。

 また同紙は、ビジャに対する両クラブの評価額に開きがあることに言及。バルセロナは移籍金を1300万ユーロ(約17億円)に設定しているが、トッテナムは800万ユーロ(約10億円)を提示する模様で、金銭面の隔たりをいかに解消するかが今後の課題になると報じられた。

 なお、ビジャに対しては、アトレティコ・マドリードとアーセナル、リヴァプールも興味を示しているが、ビジャの年齢(31歳)と高額な移籍金により、獲得には消極的と見られる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る