2013.05.09

急性白血病と闘うアストン・ヴィラ主将ペトロフが現役引退を発表

現役引退を表明したペトロフ [写真]=Getty Images

 アストン・ヴィラは9日、主将であるブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフの現役引退を発表した。

 33歳のペトロフは、ブルガリアのCSKAソフィアでプロキャリアをスタートさせると、1999年にセルティックへ移籍。7シーズンの在籍でリーグを4度制覇し、2003年にはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で準優勝した。2006年夏にアストン・ヴィラへ加入すると、2009年からはキャプテンに就任した。しかし、2012年3月に急性白血病と診断され、以後、闘病生活を続けていた。サポーターは、試合中にペトロフの背番号19番と同じ19分が経過してから1分間拍手をして、エールを送るなど様々な支援が生まれ、ペトロフも順調な回復を見せ、復帰に向けての意気込みも示していたが、選手としてピッチに再び戻ることはできなかった。

 ペトロフは、引退に際してクラブ公式HPで、「今まで、偉大なチームメート、僕の周りにいてくれた素晴らしい人々、そして素晴らしき家族には感謝しかない。まだ家族とともにいられる機会を与えてくれた神には常に感謝する」と想いを綴り、「新たな挑戦を受け入れる準備はできているから、このプロセスを簡単にしてくれた。2012年3月に急性白血病と診断されてから、多くの人が苦しんでいるこの病を認識し、理解してきた。病気に苦しんでいる人を救うため基金を作り、助けていきたいし、助けることができる。これは新たな挑戦だ。熱意とエネルギーを持って課題に直面していく」と、同じ病に苦しむ人々の支援を行っていくと表明している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング