2013.05.09

引き分けに不満のチェルシー指揮官「良い試合ではなかった」

ラミレス
チェルシーはラミレス(右)のゴールで勝ち越したが、トッテナムと引き分けた [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第33節の延期分が8日に行われ、3位のチェルシーと5位のトッテナムが対戦。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を目指すチーム同士の直接対決は、2-2の引き分けに終わった。

 試合後、チェルシーのラファエル・ベニテス監督がコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

「我々にはカウンターアタックで3点目を決めて、試合を決定付けるチャンスがあった。先制には成功したが、それからトッテナムにカウンターを仕掛けるチャンスを与えてしまった。2点目を決めた後もそうだ。我々は試合を終わらせることができなかった」

「良い試合だったよ。ファンにとっては良いものだったと思う。だが、我々にとってはそうではない。なぜなら、我々は試合をコントロールしていたにもかかわらず、勝つことができなかったのだから。我々には十分な走力がなかった。何人かの選手が疲れていたと思う。しかし、中盤には、ボールをキープできる相手選手がたくさんいた」

「簡単な試合ではなかったが、このような状況では、カウンターを仕掛けるスペースが生まれるものだ。それがカギだった。チェルシーのCKの場面で、トッテナムがカウンターを仕掛けたことが1度か2度あった。それは我々にとって問題だった。相手にはスピードがある選手が何人かいるからね」

「我々はとてもうまくメンバーを管理している。この試合はテンポがとても速かったから、懸命にプレーする必要があった。次の試合(11日の第37節アストン・ヴィラ戦)で勝つことについて考えるよ。そして、(15日のヨーロッパリーグ)決勝に向けて準備をする。我々は選手を管理しなければならない。メンバーを管理して、適切なバランスを見つけなければならない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る