2013.05.08

トッテナム戦に臨むチェルシー指揮官「今季で最も重要な試合」

ベニテス
トッテナム戦への意気込みを語ったベニテス監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるラファエル・ベニテス監督が、8日に行われるプレミアリーグ第33節のトッテナム戦について、「トップ4入りがかかる重要な一戦」とし、同試合への意気込みを語った。クラブ公式HPが伝えている。

 チェルシーは今シーズン、リーグ戦35試合を消化し、勝ち点68で3位につけており、5位トッテナムとの上位対決を制することができれば、チャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく前進する。ベニテス監督はトッテナム戦について、「今シーズンで最も重要な試合だ」とコメント。続けて、「勝利を収めることができれば、トップ4入りがほぼ確実となる。できることなら、トップ3かそれ以上でフィニッシュしたいね。他のチームの結果にもよるが、勝てるように全力でトライするだけだ」と語っている。

 また、今シーズンのリーグ戦で20得点を記録し、好調を維持しているトッテナムのウェールズ代表MFギャレス・ベイルについては、以下のようにコメントしている。

「貴重なゴールをたくさん決めているし、素晴らしいシーズンを過ごしている。優れたパフォーマンスを披露しているし、彼には注意しなくてはならない。でも、トッテナムも我々の選手に注意をする必要があるけどね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る