2013.05.07

キャリア初のリーグ優勝にファン・ペルシー「長い間待っていた」

キャリア初のリーグ優勝の喜びを語ったファン・ペルシー (C)ManUtd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが、自身のキャリア初となるリーグ優勝を果たした今シーズンを振り返っている。クラブ公式HPが伝えている。

 29歳にして初のリーグタイトル獲得となったファン・ペルシーは、「想像していた以上のものだ。この瞬間を長い間待っていた。フェイエノールト在籍時は、優勝に近づいたけれど、一度も果たせなかった。UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝した時、『自分のフットボール人生には毎年トロフィーがついてくる』と思ったけど、簡単なものじゃなかったね。チャンピオンになるのに長い時間がかかったけど、最高の気分だ。夢心地という感じかな」と優勝の喜びを語った。

 マンチェスター・Uへの移籍を改めて振り返ったファン・ペルシーは、「優勝できると感じなかったら移籍しなかった。チームに合流した初日に優勝できると確信できたんだ。今シーズン優勝するとね。チームメートの練習に取り組む姿勢や普段の振る舞い、生活、メンタル面、さらにはスタッフの仕事ぶり、監督やコーチの振る舞い、全てが合わさることでチャンピオンチームになれると確信できたよ」と、自身の決断が正しかったとコメントしている。

 セレモニーで初めてトロフィーを手にする感覚を聞かれると、「全てトロフィーを掲げる為にやって来た。アストン・ヴィラ戦の後にはピッチ上やドレッシングルームで写真を何枚も撮影したけれど、足りないものがあった。トロフィーだよ。自分がプレミアリーグのトロフィーを掲げている写真は、額に入れて自宅に飾るつもりだ。待ちきれないね」と、興奮を抑えきれない様子を見せている。

 ファン・ペルシーは今シーズン、アーセナルからマンチェスター・Uに加入。現在消化しているリーグ戦36試合全てに出場(途中出場3試合)し、25得点を挙げている。得点ランキングではトップに立っており、23得点で2位のリヴァプールに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが出場停止で今シーズンの残り試合を出場できず、3位のトッテナムに所属するウェールズ代表MFギャレス・ベイルとは5点差をつけているため、2年連続の得点王が濃厚となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る