2013.05.04

マンUのMFスコールズ、チェルシー戦で約3カ月ぶりの実戦復帰か

スコールズ、ファーガソン
チェルシー戦で、スコールズ(左)をベンチメンバーとして登録すると語ったファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uのアレックス・ファーガソン監督は、5日に行われるプレミアリーグ第36節のチェルシー戦前の定例会見に出席し、負傷している選手の状況を明かした。クラブ公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、ひざの負傷により戦列を離れていた元イングランド代表MFポール・スコールズについて、「彼は良い状態にある。今節ではベンチメンバーとして登録するだろう」と語り、チェルシー戦での起用を示唆。スコールズは、1月26日に行われたFAカップ4回戦のフルアム戦以降、試合への出場から遠ざかっていた。なお、同監督はイングランド代表FWダニー・ウェルベックがチェルシー戦を欠場することも併せて発表している。

 また、ファーガソン監督は好調を維持しているチェルシーを称賛するとともに、同試合への意気込みを以下のように語っている。

「ここ数週間の彼らは本当に素晴らしいと思う。ヨーロッパリーグでも決勝進出を決めたし、良い試合になるだろうね。チームの特色を出し、良い形で今シーズンを終えたい。我々は情熱を持って試合に臨むよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る