2013.05.03

マンUのキャリック「常に学び、成長しようと取り組んでいる」

キャリック
インタビューに応えるキャリック (C)Manutd.jp

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表MFマイケル・キャリックが、今シーズンにおける自身のプレーを振り返った。クラブの公式HPのインタビューで語っている。

 キャリックは自身について、「選手としては常に学び、成長しようと取り組んでいる」とコメント。今シーズンの好調に関しては、「色々な要素が絡み、好調を維持できていたり、思うようにプレーができる時期もある。それは経験から来るものだと思う。それぞれのシチュエーションや試合展開で、何が役に立つのかをわかっているからね」と語った。

 現在がキャリアのピークかと問われた際には、「そうだね。加入してからは常に成長を続けられていると思う。誰でも他の選手より良いプレーをしたいと願うものだからね」と明かし、続けて「常に上昇気流に乗れるわけではなく、常にベストなプレーができるわけでもない。時間の経過とともに選手として成長していると感じているんだ」と語った。

 キャリックは今シーズンのリーグ戦で、34試合に出場して、1ゴールを記録。マンチェスター・Uの2シーズンぶりとなるイングランド最多20回目のリーグ優勝に大きく貢献していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る