2013.04.25

“かみつき行為”のスアレスに10試合の出場停止処分が下る

前半終了後、話をしながら引き揚げるイヴァノヴィッチ(左)とスアレス(右) [写真]=Getty Images

 リヴァプールは24日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、FA(イングランドサッカー協会)から10試合の出場停止処分を科せられたと、クラブの公式HPで発表した。

 スアレスは、21日に行われたプレミアリーグ第34節のチェルシー戦で、チェルシーのセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチの腕に噛みつき、物議を醸していた。FAは、スアレスの行為を通常の3試合出場停止では不十分と主張。独立規制委員会は、FAの意見を受け入れ、処分を下している。

 スアレスには、26日の正午まで異議申し立ての権利が認められている。なお、処分が確定した場合は、23ゴールを挙げて得点ランク2位ながら、今シーズンの残り4試合は出場停止となる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る