2013.04.23

シーズンを回顧した香川「チームのことを考える余裕はなかった1年」

プレミアリーグ制覇をラファエル(左)とともに喜ぶ香川 [写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第34節が22日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが、ホームでアストン・ヴィラと対戦。3-0で勝利したマンチェスター・Uが、4試合を残して、2シーズンぶり20回目のリーグ優勝を決めた。試合後の香川の喜びの声を、クラブ公式HPが伝えている。

 まず、試合を振り返った香川は、「今は楽しくサッカーができているし、やっとチームとうまくかみ合ってきている感じがして、自分の良さも出せています。あと、結果という意味では今日もチャンスがあったし、そこを(ロビン)ファン・ペルシーは3点決めるというのは、やっぱりすごい選手だなと改めて感じました。そういう選手になるために、もっともっと、こういった厳しい環境の中でやり抜いていきたいと思います」と、パフォーマンスの向上を感じるとともに、さらなる飛躍を誓っている。

 シーズン終盤戦となり、3試合連続で先発起用されたが、「結果を残さなきゃいけないという責任感がありました。あと、本当に自分のことを考えていたというか、まだまだチームのことを考える余裕はなかった1年で、今年は本当に自分のことで必死だったし、今日も同じようにチームの勝利に貢献して、自分の良さを出すことに必死だったので、勝てたのは良かったです」と、勝利の喜びを語るともに、シーズンを振り返った。

 リーグ連覇を達成したドルトムント在籍時に続き、3年連続でリーグ優勝を果たした香川だが、優勝への貢献を感じるか問われると、「正直ドルトムントほどではないですし、けがもありました。まだまだ達成感というのはないのかなと思います」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る