FOLLOW US

ヴェンゲルが宮市のリハビリ状況明かす「最初に来て帰るのも最後」

ウィガンにレンタル移籍中の宮市 [写真]=Getty Images

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、ウィガンにレンタル移籍中の日本代表FW宮市亮の状況を明かした。アーセナルの公式HPが伝えている。

 ヴェンゲル監督は、負傷中の宮市について、「彼はリハビリのために3週間前に戻って来た。順調に進んでいるよ。手術も成功して、彼自身も一生懸命やっている」とコメント。「毎日回復に専念しているよ。他の日本人選手同様、彼は一番最初に来て、帰るのも最後なんだ。非常に良くやっているが、もう少し辛抱する必要があるだろうね」と、復帰へ向けてのリハビリぶりを明かした。

 宮市は、昨年11月から右足首の負傷により戦列を離れていたが、3月9日に行われたFAカップのエヴァートン戦で途中出場。しかし、エヴァートン戦で右足首を負傷して途中交代を余儀なくされ、3月15日には、手術を受けていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO