2013.04.20

マンU監督が香川に賛辞「シンジが良かったからルーニーを下げた」

香川真司
ウェストハム戦で2得点に絡む活躍を見せた香川(左) (C)Manutd.jp

 プレミアリーグ第29節の延期分が17日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、ウェストハムとアウェーで対戦。2-2の引き分けに終わった。

 アレックス・ファーガソンが、ウェストハム戦で香川を78分にメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスと交代させた理由を以下のように明かした。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「(先にウェイン)ルーニーを下げた理由は単純だよ。シンジの方が良いプレーをしていたからね、普段はウェインが誰よりも良いプレーをするが、あの時はシンジの状態が良かった」とコメント。「皮肉なことに、残り14分の時点で1点を追っていた。その時にチチャリート(ハビエル・エルナンデスの愛称)をピッチに送ろうと決めたが、シンジが2点目に絡むプレーを見せた」と続け、香川を交代させた理由を説明した。

「シンジは素晴らしいプレーをしていたが、残念ながら交代させなくてはならなかった。チチャを投入した理由は簡単で、彼ならチャンスを作ってくれる。投入時点では、勝利を欲していた。そういう時はフェアではないような決断を下すこともある」

 ウェストハム戦で先制点をアシストするなど、2ゴールに絡んだ香川について、「シンジは本当によくやっている。ボールを受けた時に落ち着いて対応し、最適なプレーを選んでいる。最近ではチャンスに繋がるパスを出すことが多い」と称賛。「先制点を生んだシーンは素晴らしかった。数選手しかビルドアップに関わっていなかったが、タイトなエリアで冷静に対応して、(アントニオ)バレンシアが触るだけでいいボールを出した」と、アシストの場面を振り返り、賛辞を送った。

 香川は今シーズンのリーグ戦で17試合に出場し、5ゴールを挙げている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る