2013.04.15

英で連日ファンと警察が衝突…英紙「フーリガンの時代を想起」

 プレミアリーグ第33節が14日に開催され、ニューカッスル対サンダーランドの“タイン・ウェア・ダービー”が行われた。試合は、3-0でアウェーのサンダーランドが勝利した。

 試合後、敗れたニューカッスルのサポーターが警官隊と衝突。29名の逮捕者が出たと『スカイスポーツ』など、各メディアが報じている。

 ニューカッスルサポーターは、警官隊に向かいビンなど様々なものを投げ、騎馬にも襲い掛かった。この混乱で、ニューカッスルの本拠地であるセント・ジェームズ・パークの最寄りの地下鉄駅が短時間ながら閉鎖に追い込まれた。イギリス紙『デイリーメール』は、スタジアム内は平和的に進んだものの、スタジアムに入れなかったニューカッスルサポーターのグループが、サンダーランドのチームバスを待ち伏せし、警察が設定した境界線を突破しようとしたが阻止され、サポーターグループが地下鉄の駅へ移動する過程で衝突したと報じている。

 ノーサンブリア警察の広報官は、「今回の事件で最も深刻だったことは、ニューカッスルのサポーター集団が、地下鉄の駅でサンダーランドのサポーターと相対しようとしたことだった。しかし、警官隊によって阻止された。その際、警官3名が負傷した」と声明を発表した。

 また、スティーブ・ニール警視は、「大半のサポーターの振る舞いは良かった。タイン・ウェア・ダービーという素晴らしい時を楽しんでいた。残念ながらわずかの無法者がニューカッスルサポーターにいたため、駅で事件が起きてしまった。そのような行動は容認できない」と遺憾の意を表明している。

 前日の13日にはFAカップ準決勝でミルウォールのサポーター同士が、試合中に観客席で乱闘を起こし、さらには警察と衝突。10名以上の逮捕者を出した。『デイリーメール』は、「1970、80年代の暗黒時代を想起させる」と、フーリガンが問題となった時代の再来を危惧している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング