FOLLOW US

チェルシー指揮官「FA杯とELを制することができれば最高」

FA杯を前にコメントしたチェルシーのベニテス監督 [写真]=Getty Images

 14日に行われるFAカップ準決勝で、チェルシーとマンチェスター・Cが対戦する。連覇を狙うチェルシーのラファエル・ベニテス監督が、試合を前に、以下のようなコメントを残した。クラブの公式HPが伝えている。

 マンチェスター・C戦は、チェルシーの今シーズン59試合目となる。対するマンチェスター・Cの消化試合数はチェルシーよりも15試合少ない。ベニテス監督は過密日程に対処する難しさについて言及し、「1週間に2試合をこなす場合、いろいろな問題が出てきてしまう。負傷者やコンディション不良の選手が多くなって、チームは難しい状況に陥る。もちろん、各大会で勝ち上がれば試合数が増えることはわかっていたし、我々はそういった状況を望んでいる。我々には多くの試合が残っているのだから、(ナタン)アケや(パウロ)フェレイラのような選手が重要になる。起用できる選手が多くなればすばらしい」とコメントした。

 そしてベニテス監督は、「すべての試合で勝利を望むのなら、リスクを冒す覚悟を決めなければならない。うまくいけばローテーションでも構わないはずだ。ただ、思うようにいかなければミスを犯したことになる。今はうまくいっているから、この状態がシーズン終了まで続くことを願っているよ。我々はローテーションをすべきであり、選手たちには準備を整えておくように説明しなければならない。あらゆる大会に参加し、すべての大会で成功を収めたいのなら、他に選択肢はない」と語り、ローテーションでの選手起用を重要視していることを明かした。

 今後の戦いについては、「チェルシーは昨シーズンもFAカップで優勝した。この大会がイングランドで重要な意味を持っているのはわかっている。プレミアリーグで3位に入り、FAカップとヨーロッパリーグを制することができれば最高だ」と述べ、目標を示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO