FOLLOW US

首位独走のマンU監督「2位と大きな差があっても安心できない」

マンチェスター・Uを率いるファーガソン監督 (C)Manutd.jp

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、14日に行われるプレミアリーグ第33節で、ストークと対戦する。アレックス・ファーガソン監督が、アウェーでの一戦を控え、意気込みを語った。クラブの公式HPが伝えている。

 ファーガソン監督は、「我々にはやるべき仕事がある。残り7試合という状況も刺激となるだろう」とコメント。シーズン終盤で首位を独走している中での試合となるが、気を引き締めつつ、ストークと自軍の状況を比較した。

「ストークにとっても試練が待ち受けている。彼らが降格するとは思っていないが、危険ではある。しかし、下位チームが勝ち点を獲得することは多くはないから、ストークは残留に十分な勝ち点を残せると思うよ」

「我々に関しては、2位と大きな勝ち点差があるからと言って安心はできない。まずはストーク戦に勝つこと。ベストを尽くして、勝利を収めなければいけない」

 マンチェスター・Uは、2位のマンチェスター・Cに勝ち点12差をつけて、首位を独走。ストークは勝ち点34で、降格圏と勝ち点3差の暫定15位となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO