FOLLOW US

英メディア、吉田にチーム最低評価「常に落ち着きがなかった」

チーム最低評価が与えられた吉田 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第33節が13日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンとウェストハムが対戦。試合は、1-1の引き分けに終わった。

 大手メディアの『スカイスポーツ』と『ユーロスポーツ』は、試合の採点を発表した。フル出場を果たした吉田に対し、『ユーロスポーツ』は及第点の「6」を与えた一方、『スカイスポーツ』は「5」とチーム最低タイ評価になった。『スカイスポーツ』は、「常に落ち着いていなかった。ほぼゴールにつながるようなミスを犯した」と吉田のプレーに対し、厳しく寸評している。

『ユーロスポーツ』は、吉田をはじめとするサウサンプトンの多数の選手に及第点を与える中、イングランド人FWリッキー・ランバートに対し「8」を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出。『スカイスポーツ』は、「6」と「7」の評価を並べたが、吉田とともにセンターバックのオランダ人DFヨス・ホーイフェルトに「5」をつけた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO