2013.04.12

7月の母国遠征について宮市「アーセナルの一員として日本に行きたい」

アーセナルの一員として日本へ行けたら素晴らしいと語ったFW宮市亮

 アーセナルからウィガンにレンタル移籍中の日本代表FW宮市亮は、7月22日に予定されているアーセナルと名古屋グランパスとのフレンドリーマッチ、そして7月26日に行われる浦和レッズとの対戦に、アーセナルの一員として帯同できたら素晴らしいと、『Arsenal.com』のインタビューで語った。

「僕はアーセナルの一員として日本に行きたい。 日本にも多くのアーセナルファンがいるんだ。 僕にとってそれはきっと素晴らしい瞬間になる。チームにとってもきっと素晴らしい時間になるはずだよ。僕の家族や友人たちも、日本にアーセナルを迎えられることを喜んでる。そして僕がピッチに立てることを期待してくれているんだ」

「正直、日本のファンの前でクオリティを証明しなくてはならないというプレッシャーも感じている。それでも、メンバーに選ばれたら日本遠征は楽しみだよ」

「アルセーヌ・ヴェンゲル監督は日本のため、名古屋のために尽くしてくれた監督なんだ。だから日本のファンは喜ぶと思う。そして名古屋は僕が育った街でもあるから、アーセナルの一員として訪れることができれば本当に嬉しいよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る