2013.04.09

エヴァートン主将P・ネヴィル、今季限りでの退団を表明

今季限りでエヴァートンを退団することを発表したP・ネヴィル [写真]=Getty Images

 エヴァートンの元イングランド代表DFフィリップ・ネヴィルが今シーズン限りでクラブを退団すると発表した。クラブ公式HPがP・ネヴィルのコメントを伝えている。

 退団に際し、P・ネヴィルは、「エヴァートンの主将として過ごせたことは名誉なことだった。マージーサイド(エヴァートンの本拠地)で、ずっと楽しく過ごせてきたし、大きな誇りを持ってクラブを去る。クラブでともに過ごし、サポートしてくれた監督や会長、全てのスタッフや選手にお礼を言いたい。また、サポーターには特別な感謝を捧げる。8年間にわたり、素晴らしかった。エヴァートンは心の中に常にある」と、感謝の言葉を語った。

 今後については、「体力的に可能な限り、トップレベルでプレーを続けたい。次の移籍を決める前に色々なオプションを検討しようと思う。今は、エヴァートンができるだけ、高い順位でシーズンを終えられるよう、全力を尽くす」とコメントしている。

 36歳のP・ネヴィルは、元マンチェスター・Uのギャリー・ネヴィル氏の弟で、マンU時代には兄弟でともにプレーした。2005年にマンUからエヴァートンへ移籍。今シーズンはリーグ戦18試合に出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る