FOLLOW US

香川所属のマンU、Aonと8年間のスポンサー契約延長を発表

エーオンは、ユニフォームの胸スポンサーも務める [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは、保険関連企業のAon(エーオン)とのスポンサー契約を延長すると、クラブの公式HPで発表した。

 新たな契約期間は、2013年7月1日から2021年までの8年間。契約延長に伴い、クラブのトレーニング施設が“Aonトレーニングコンプレックス”と改名されることも併せて発表されている。

 クラブは、スポンサー契約延長の際に、以下のように声明を発表した。

「Aonは、トップームを含む我々の全スタッフが成功の為に尽力していることを理解してくれている。“Aonトレーニングコンプレックス”は自己を高め、選手の才能を引き出すとともに、成功の為に世界最高峰のパフォーマンスを披露することを目的とするものとなっている。Aonは顧客に対して、確固たる信念と上質なサービスを提供し、それは、クラブが掲げるハイレベルのパフォーマンス、トレーニング、実行力に通ずるところでもある」

 また、Aonのグローバル・チーフ・マーケティング兼コミュニケーションズ責任者のフィル・クレメント氏も以下のようにコメントしている。

「今回の発表は、マンチェスター・ユナイテッドとのパートナーシップの次段階と言える。Aonとマンチェスター・ユナイテッドは、 グローバルビジネスの拡大やリスクマネージメント、ハイパフォーマンスという課題に対して、一緒に取り組んできた。第一段階としては、Aonに対する認知度が爆発的に上がった。そして今回は、人材育成やヘルスケア、リスクマネージメント、福利厚生、データ分析などの専門知識を共有し合うことで、更に高いレベルのパフォーマンスと成果を挙げていく段階に入ったと言える。我々のモットーは、経済、そして人間の可能性を発展させること。そうした意味でも、マンチェスター・ユナイテッドとのパートナーシップは理想的なアプローチと言える」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO