FOLLOW US

ELで負傷したトッテナムのベイルなど3選手、2週間以内に復帰可能

バーゼル戦で足首を痛め、うずくまるベイル [写真]=Getty Images

 トッテナムは5日、ウェールズ代表MFギャレス・ベイル、イングランド代表FWアーロン・レノン、元フランス代表DFウィリアム・ギャラスの負傷状況を報告した。

 3選手は、4日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝ファーストレグのバーゼル戦で、試合中に負傷していた。クラブは声明で、「検査の結果、3選手とも2週間以内にトレーニングが再開できる予定だ。すでに回復メニューに取り組んでおり、反応はポジティブなものだ」と発表している。

 足首を激しく捻ったベイルに関して、アンドレ・ヴィラス・ボアス監督はバーゼル戦後、「見た目ほど深刻ではないはずだ。(21日のプレミアリーグ第34節)マンチェスター・シティ戦には復帰できるかもしれない」と述べ、楽観的な姿勢を示していた。トッテナムは、マンC戦までに、7日にプレミアリーグ第32節のエヴァートン戦、11日にEL準々決勝セカンドレグのバーゼル戦を予定している。なお、プレミアリーグ第33節のチェルシー戦は、現在開催日未定となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO